スマホケースを新調しました

 Xperia X Compactを購入してから約11ヶ月が経過し、もうそろそろ1周年になるなという頃になります。
 スマホを購入した際に、Amazonにて880円で購入した激安のTPUケースをこれまでずっと使用してきていましたが、TPUケースの宿命とも言える日焼けがだいぶ酷くなってきました。
TPUケースの素材である熱可塑性ポリウレタンは、紫外線により黄ばんでしまう声質を持っているようなのでこれは避けられない運命のようですね。

今回、ケースを新調するにあたってこれまで同様のTPUケースにするか、それとも手帳型ケースにするか悩みましたが、どちらも高いものではないなと言う結論になり、両方を購入してみることにしました。

 今回購入した手帳型ケースはF-gripというメーカーのものを購入してみました。
購入時の価格は980円と、専用品の手帳型ケースとしては激安の部類になると思います。

 ケースは、本体を固定する部分はプラスチック製のハードケースになっており、このハードケースにPUレザーを貼り付けているような形になります。

 スマートフォン本体を取り付けるとこのようになります。
ケース内側は起毛素材になっており、画面に傷がついたりすることはないと思います。
ただし、購入してすぐの状態だとこの起毛の毛が画面に付着することがありました。
数日使っていると付着することもなくなったので最初だけかと思います。

 この手帳型ケースは留め具が備わっていないタイプなので非常にスリムです。
ハードケース部も、サイドボタンの部分はくり抜かれているため違和感なく操作可能でした。
指紋認証も問題なく利用できます。

 背面側はカメラ部とライト部がくり抜かれている他、中央に折り目があります。

 ケース内側にはカードポケットが備わっており、交通系ICカードなどを入れておくことで駅の改札などで財布やカードケースを取り出さずに済むので楽ですね。
ほぼこれを目的に手帳型ケースにしたと言っても過言ではないです。
カードポケットは若干凹んでおり、画面とカードが接触することがないように配慮されているようです。

 手帳型ケースではおなじみの機能ですが、先程述べた背面の折り目を利用することで、スタンドとして利用することも出来ます。
動画を見たりするほか、カメラが隠れずにスタンドを利用することが出来るので写真撮影時の手ブレ防止にも一役買えます。

唯一の気になるポイントとしては、留め具のないタイプの手帳型ケースであるがためにフタがきっちりと閉まらないところでしょうか。
強い反発力があるわけではないので、カバン内やポケット内で開いてしまうようなことはありませんが、机の上に置いたりするとちょっとみっともないかもしれません。

 同時に購入した、新しいTPUケースはQoseaというブランドのものです。
Amazonで550円で購入できたので、専用品としてはやはり安い部類かと思います。

 これまで使用してきたものと比較してみると、経年劣化したTPUケースがどれだけ黄ばんでいるかよくわかります。

サイズや持ち心地には大差ありませんでしたが、カメラ部分のくり抜き方や、カメラボタン、音量ボタンの突起の付け方などに若干の差異がありました。
この辺りは、メーカーによって違いが出るポイントなので、購入前に確認できるといいですね。

手帳型ケースのICカードポケットが便利だなと感じたため、最終的に手帳型ケースをメインに使用することにしました。
今後、手帳型ケースに嫌気が差してきたらTPUケースの方を使用したいと思います。
それまでは、TPUケースが経年劣化しないように暗所に保管しておこうと思います。

コメント